お知らせ

記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第595号)

  • お知らせ
  • メディア
記事掲載のご案内(『週刊高齢者住宅新聞』第595号)

2020年8月19日、週刊高齢者住宅新聞 第595号(高齢者住宅新聞社発行)におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳の連載記事【在宅医からみた10年後、20年後のニッポン】「第11回 いま改めてPCR検査の意義を考える」が掲載されました。

 

第二波では高齢者ケアの現場に着実に近づいてきている新型コロナですが、PCR検査を免罪符のように考える人がまだまだ少なくありません。今回は、PCR検査の意義について改めて考えました。

 

「PCR検査の陰性は、非感染を意味しない」「PCR検査の陽性は、感染力を意味しない」「新型コロナの感染力が最大になるのは症状発現前」という3点を理解しておく必要があります。最近ではPCR検査以外にもさまざまな検査が出現しています。「検査さえ陰性なら」という思考停止に陥らないよう、その検査では何がわかるのか、検査結果は何を意味しているのかをしっかりと判断したうえで実施しましょう。

 

ぜひお読みください。
https://www.koureisha-jutaku.com/

ページ先頭に戻る