お知らせ

記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号)

  • お知らせ
  • メディア
記事掲載のご紹介(『訪問看護と介護』7月号)

2021年7月1日発行『訪問看護と介護』7月号(医学書院発行)の特集「退院直後の『2週間』に欠かせない在宅ケア」におきまして、医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の佐々木淳が執筆した、総論「介入効果が最も高い時期を逃さないー退院直後の『2週間』で私たちがすべきこと」が掲載されました。

 

多くの高齢者は、入院に伴う環境変化のストレス(リロケーションダメージ)と、入院治療の侵襲そのものにより、入院中に身体機能・認知機能が低下します。そのため、退院直後の「2週間」は、在宅専門職チームが集中的にケアを行い、心身機能の低下をできる限り本来の姿まで回復させることが重要となります。

 

低栄養や脱水、薬物の影響など、入院直後に“その人の実力”をマスクしている要因をクリアしていくことで、その人はその時点での本来の実力を回復することができます。この改善効果は、かなり大きなものです。そして、具体的な支援には多職種協働が求められます。「在宅の力」「チームの力」が試される2週間であることを解説しました。

 

ぜひお読みください。
https://www.igaku-shoin.co.jp/journal/detail/39777

ページ先頭に戻る