〒252-0813 
神奈川県藤沢市亀井野4-5-8 
ノビシロハウス亀井野 North棟2A

TEL:0466-47-7605

FAX: 0466-47-8505

訪問エリア

藤沢市、横浜市戸塚区・泉区(一部)
※訪問エリア外でもご相談ください。

最期まで自分らしくいることを諦めなくていい。
そんな地域を一緒に創っていきたい。

3人に1人が65歳以上の高齢者になると言われている2035年。
医療や介護を必要とする人はますます増え、それを支える若い世代は減少していきます。地域で最期まで自分らしく生きることは今以上に難しくなるかもしれません。
こうした社会に向け、新しい地域のあり方を模索しようと多世代がごちゃ混ぜで過ごせる場所としてノビシロハウス亀井野が誕生しました。
私たちは、こうした挑戦を支えるべく、在宅医療を中心とするクリニックをこの場所にオープンさせました。病気になっても、障害をもっても、最期まで自分らしい人生を送れる。そうした地域を皆さんと一緒に創っていきたいと考えています。

ご自宅で安心して
診察が受けられます

1
安全な療養生活を
しっかりと支えます

主治医が定期的にご自宅(施設)を訪問し、病気の治療や日常の健康管理(予防接種)などを行います。また、急変や入院のリスクを最小限に抑え、安全で平穏な毎日が送れるよう必要なアドバイスを行います。

2
地域の介護事業者や
高度医療機関と連携します

在宅医療においては、病気の治療だけでなく療養環境・生活環境の整備も大切です。当院は地域のケアマネジャーや訪問看護ステーションなどの介護事業者と密な連携をめざします。また、在宅で安心して療養を続けていただけるよう、当院では地域の高度医療機関と連携し、必要時の入院や検査への協力体制、緊急時のバックアップ体制を確保するよう努めています。

3
365日×24時間
(夜間・休日でも)
医師が対応します

不安な体調変化はいつ起こるかわかりません。病気や老化の進行に伴い、これまで経験したことのない症状が出てくる可能性もあります。そのようなとき、まずは当院にお電話ください。夜間・休日でもお電話がつながり、医師(当直医)が必ず対応致します。

4
さまざまな医療ニーズに
総合的に対応します

当院では、プライマリケア全般に対応できる医師が、患者さんの主治医としてしっかりと日常診療を行っております。また、より専門的な対応が必要なケースには、当法人による専門職のチームが診療をアシストします。患者さんが住み慣れた場所で最期まで安心して過ごせるよう、さまざまな医療ニーズに応えられる体制を整えています。

5
患者さんの価値観・
人生観を大切にします

患者さんがわたしたちに求めているものは何か?高齢者医療や終末期医療の目的は必ずしも病気の治療だけではないはずです。
当院ではマニュアル通りの治療をおしつけるのではなく、患者さんの尊厳を守り、患者さんの想いに共感し、患者さんの視点で診療にあたります。

診療をご希望の方へ

1
診療のご依頼・
お問い合わせ

訪問診療をご希望の場合は、まずはご連絡ください。相談員が、現在の病状や状況をおうかがいいたします。

2
事前説明・面談
(診療のご説明・手続き)

相談員がご自宅(または入院中の病院)へお伺いし、在宅医療についてご説明するとともに、初診に向けての調整をいたします。

3
初診日の決定

患者さん・ご家族のご都合をお伺いし、ケアマネジャー等関係する方とも相談しながら初診日を決定します。

4
訪問診療開始

診療計画に沿って、訪問診療を開始します。

在宅医療とは

在宅医療の
対象となる方

在宅患者さんに
多い基礎疾患

在宅医療で
可能な処置

診療費用

ご挨拶

人には一人ひとりそれぞれの人生の物語があります。在宅医療は、そうしたそれぞれの人生の物語を大切にしながら、患者さんの「生きる」を医療という専門性を活かして支えることだと考えています。診療を通じてていねいな対話を積み重ねながら、クリニックのメンバーはもちろん、地域のさまざまな方と協力しながら、この先の物語を一緒に紡いでいければと思っています。
患者さん一人ひとりが最期まで自分の人生の主人公でいられるよう、チーム一丸となってサポートさせていただきますので、どんな希望でもおっしゃっていただければと思います。

医師紹介

院長

渡部 寛史

訪問エリア

<訪問エリア>

藤沢市、横浜市戸塚区・泉区(一部)
※訪問エリア外でもご相談ください。

ノビシロクリニック藤沢

<訪問エリア>

藤沢市、横浜市戸塚区・泉区(一部)
※訪問エリア外でもご相談ください。

〒252-0813 
神奈川県藤沢市亀井野4-5-8
ノビシロハウス亀井野 North棟2A

FAX:0466-47-8505

院長

渡部 寛史

PROFILE

  • 出身大学
    岡山大学医学部
  • 専門
    (学会等)
    日本緩和医療学会、日本在宅医療連合学会、日本プライマリ・ケア連合学会
  • 主な経歴
    多摩総合医療センター、埼玉医科大学国際医療センター、倉敷中央病院、オレンジホームケアクリニック
  • メッセージ
    自分が治療している患者さんは今後も自分らしく生きていけるのだろうか。脳神経外科医として勤務していた時にこうした疑問を感じ、在宅医療の世界に足を踏み入れました。病気や障害を理由に自分の人生を諦めなくてもいいように、患者さんのどんな希望にも「YES」と言えるよう、努力したいと思っております。
ページ先頭に戻る