ご挨拶

最期まで自宅で過ごしたいと願う
すべての人の想いに応えるために。

2006 年、わたしたちは東京都心・千代田区に最初の在宅医療クリニックを開設しました。在宅総合診療、確実な24 時間対応、そして患者さんの人生観を大切にする医療。
地域の方々にこの3つの価値を約束し、それを忠実に守ってきました。
現在、志を同じくする56名の医師たちが、首都圏の12 の診療拠点から、常時4600名の患者さんの生活を24 時間体制でサポートしています。
精神科や皮膚科など専門医による訪問診療、そして訪問リハビリ、訪問歯科診療、訪問栄養指導なども順次スタートし、在宅でのあらゆる医療ニーズに応えるべく「チーム力」を磨いてきました。

わたしたちを動かすもの。
それはよりよい未来への強い願いです。

みなさんは「超高齢社会」という言葉に、どんなイメージをお持ちですか?
それは明るい未来だ、と自信を持って言い切れる人はどれくらいいるでしょうか。

日本はすでに超高齢社会です。
現在、日本の高齢化率(65 歳以上人口割合)は28%ですが、将来的に47%まで増加するとともに、総人口も急速に減少すると予想されています。

国民の二人に一人が高齢者の時代。

急性期病院を中心とした従来型の医療システム、そして世代間支援を前提とした社会保障制度は持続可能性が懸念されるようになってきました。
増え続ける高齢者を支える介護のリソースも絶対的に不足し、支えられる高齢者の側も、自らの意思で人生を選択できる人は残念ながら少数です。

本来、「長生き」はわたしたちの共通の願いだったはずです。
超高齢化は、多くの人がそれを実現できるようになったという喜ばしい成果であるはずです。
これを豊かなものにする責任がわたしたちにはあります。
答えはこれまでの延長線上にはありません。

経済成長ありきの既存の価値観を捨て「人生の豊かさ」の本質を追及する。加齢や病気に伴い心身の機能が低下しても、最期の瞬間まで安心・納得して生き切れるコミュニティをつくる。

そして、長生きを心から喜べる社会をつくりたい。

わたしたちは、高品質な在宅医療の提供を通じて、22 世紀型の新しい社会に最適化した仕組みづくりに、積極的に取り組みます。

ページ先頭に戻る